高次脳機能障害者と家族と支援者の会 NPO法人ノーサイド 事務局:〒371-0031 群馬県前橋市下小出町1丁目22−3 理事長:下田文枝
NPO法人ノーサイドHPのTOPページへ 私達は

交通事故・病気などにより脳に損傷を受け
高次脳機能障害を負った
当事者・家族・支援者の集まりです。

群馬県にて活動中!

TOP │ メール

■ 高次脳機能障害について

高次脳機能障害の原因は、脳損傷です。

● 脳損傷の主な原因 

1. 脳が傷つけられたり、圧迫されたりすること

2. 脳の血管が切れたり、つまったりすること

3. 脳が炎症を起こしたり、酸素不足になること


原因
 交通事故・転落事故・スポーツ・暴力

原因 脳出血・脳梗塞

原因 脳炎・低酸素(水におぼれる等)

高次脳機能障害の主な種類をご紹介します。

1. 注意障害 2. 記憶障害 3. 行動と感情の障害
注意を向けること、
維持することの障害です


     犬の画像1

・勉強や仕事にすぐ飽きる
・ちょっとしたことで気が散りやすい
・ボーっとしている

新しいことを記憶することが
困難になる障害です



     犬の画像2

・薬を飲んだことを覚えていない
・約束を忘れる
・新しいことを覚えられない

行動や感情をコントロール
することの障害です



     犬の画像3

・やる気がない、元気がない、ひきこもりがち
・怒りやすい、暴言、暴力
・一つのことにこだわりやすい

4. 遂行機能障害 5. 失語症 6. 半側空間無視
日常生活や仕事の内容を
整理・計画・処理・実行
することの障害です


     犬の画像4 

・家事を計画的にこなせない
・物事の優先順位がつけられない
・間違いの修正や、計画の変更ができない

話す・聞く・書くことの
障害です



     犬の画像5

・うまく話せない、思った言葉がでない
・人の話がわからない
・本が読めない、手紙が書けない

目の前の空間の半分
(多く左側)に注意が
向かない障害です


     犬の画像6

・食卓の(左)半分のおかずを食べ残す
・車椅子の片(左)側のブレーキをかけ忘れる
・移動中、片(左)側にあるものにぶつかる

7. 失行症 8. 地誌的障害 9. 失認症
麻痺はないのに意図した
動作や指示された動作が
できなくなる障害です


     犬の画像7

・はさみやフォーク、歯ブラシの使い方がわからない
・洗濯機の使い方がわからなくなった
・サヨナラと手を振ることができない

地理や場所について
わからなくなる障害です



     犬の画像8

・よく知っている場所で道に迷う
・近所の地図が書けない
・目的地にたどりつけない

見ているもの・聞いている
もの・触っているものが
わからなくなる障害です


     犬の画像9

・親しい人の顔を見ても誰かわからない
・電話で家族の声を聞いてもわからない
・触っているものがわからない

10. 半側身体失認 犬の画像0 犬の画像0
身体の片側(主に麻痺側)
に対する認識が低下して
しまう障害です


     犬の画像10

・麻痺している上肢に注意を払わない
・麻痺している上肢を自分の手だと認めない
・手の麻痺は軽度なのに使わない



ページのTOPへ